PRINCE2®

プロジェクトに合わせた調整や拡張ができる柔軟なプロジェクト管理手法。
あらゆるタイプのプロジェクトに適用可能。

PRINCE2®(PRojects IN Controlled Environments)とは、プロセスベースのプロジェクト管理手法です。プロジェクトの規模やタイプに合わせて柔軟にプロジェクト管理手法の調整や拡張ができるため、あらゆるタイプのプロジェクトに適用で
きます。PRINCE2®は、組織の全てのプロジェクトで使用できる共通のプロセス、役割、および用語を提供します。PRINCE2®の活用により、効率的で有効なプロジェクト管理が実現できます。PRINCE2®は、ヨーロッパを中心に世界中の公的部門や民間部門、あらゆるプロジェクトの管理に活用されており、プロジェクト管理のデファクトスタンダードになっています。

PRINCE2®の特徴

  • 高い柔軟性:実務経験のあるプロジェクトマネージャやユーザなど、現場の声をもとに改定が重ねられてきました。その結果、ITから土木まで広範なタイプ、大小様々な規模、そして多様な制約条件のプロジェクトに適応可能です。つまり、拡張性と柔軟性が非常に高いプロジェクト管理手法です。
  • 役割と責任の明確化:プロジェクト環境として、作る人(サプライヤ)、成果物を使う人(ユーザ)、投資効果を判断する人(ビジネス)の3つの観点で、プロジェクトの意思決定が出来るよう役割を定義します。また、指揮、マネジメント、提供の3つのレベルを定め、権限委譲と例外の管理により、プロジェクトマネジメントが効率的に実施出来るプロジェクトマネジメント・チームの体制を構築します。
  • 事業観点:プロジェクトが事業に対して価値を生み出せる状態にあるかを常に確認する原則があります。この原則は、プロジェクト始動時のみならず、プロジェクト進行中と、プロジェクト終了時の確認にも適応されます。事業観点で、アウトプット、成果、ベネフィットを明確に定義し、常に確認します。

お客様の声

    パートナ募集