ITIL®のためのTIPA®

An Internationally Recognized Framework

TIPA® (Tudor IT Process Assessment)とは、ISO/IEC 15504の基準を応用し、組織に導入されたITプロセスの成熟度レベルを測定することのできるITプロセスアセスメントフレームワークです。ISO/IEC 15504は様々なプロセスフレームワークに容易に適用することができるアセスメント手法を定義しています。ITIL®のためのTIPA®は、このISO/IEC 15504の柔軟性を応用して、ITIL®のプロセスのアセスメントや成熟度レベルの測定、そのアセスメントに基づいたプロセスの改善活動を行えるフレームワークです。

TIPA®は、ルクセンブルグに拠点を置くリサーチセンタCRP Henri Tudor社(英語)の中でもISO/IEC 15504およびISO/IEC 20000の開発やレビューにも従事した研究者のチームにより、7年間もの歳月をかけて製品化されたフレームワークです。ITサービスマネジメント分野で標準化されたプロセスアセスメントの手法へのニーズに応えて開発されました。ITプレナーズは、CRP Henri Tudor社とTIPA®の開発や研修のパートナを務めています。

事例紹介

サントリーシステムテクノロジー株式会社の事例から学ぶプロセスアセスメントによる組織改善サントリーシステムテクノロジー株式会社様が課題を解決するためにどのようにTIPA®を活用し業務プロセスを ITIL® v3 ベースで刷新した事例紹介です。
サントリーシステムテクノロジー株式会社の事例

 

Alain Renault of CRP Henri Tudor explains: What is TIPA?

ITIL®のためのTIPA®の利点

アセスメントを受けるユーザ組織にとっての利点

  • ベンダニュートラルで体系的/客観的な、繰り返し可能なフレームワークを利用することができる
  • ITサービスマネジメントプロジェクトのROI改善につながるような目標測定や目標設定を通じてプロセス改善を行うことができる
  • 業界の他の組織とプロセス成熟度レベルを比較できるような標準化をすることができる

アセスメントを実施する組織およびコンサルタントにとっての利点

  • 体系的なアセスメントフレームワークとサポートツールを提供することができる
  • TIPA®を製品またはサービスとして事業が始められる

お客様の声

    パートナ募集