ITIL®

ITIL®エキスパート・プログラム -ケイパビリティ・トラック【試験つき】

認定資格
ITIL® Expert (Intermediate Capability SOA, PPO,RCV,OSA, and Capstone MALC)
期間
13日間(集合研修またはオンラインLive研修)+55時間(eラーニング)
学習形態
集合研修またはオンラインLive研修+eラーニング
言語
日本語
PMI® PDUs
150 ( T:50 L:50 S:50 )

本プログラムは、ITIL®エキスパート認定資格の早期取得を目指す方を対象としています。本プログラムは、1.5時間のオリエンテーション、13日間の集合研修(5日+5日+3日)、および55時間の事前・事後学習と、大きく4部で構成されています。第1部は、約1.5時間のオリエンテーションを行い、第2部から第4部は、eラーニングによる自己学習と集合研修のセッションに大きく分かれます。事前学習では、主にITIL®の知識の習得を目標とし、集合研修のセッションでは、実践的な演習やケーススタディ、ディスカッションを通じてその知識の定着を図ります。これにより、学習したITIL®の知識を現場で実践できるような能力を養います。また、コースの終了後にもeラーニングへのアクセスが可能なため、試験前や、資格取得後にいつでも学習の振り返りに使用する事ができます。

プログラムの構成

本プログラムは以下の5項目で構成されています:   

  • オリエンテーション:最初の集合研修前に講師と受講者全員で行い、教材の一部やeラーニング用ログインIDを配布します。
  • 事前学習:受講者は集合研修前に、各コースの試験準備/模擬試験を除くすべてのモジュールの事前学習が必要となります。自習教材で学習するモジュールは知識面に重点を置いています。(集合研修内の演習は、事前学習で学んだ内容を理解している前提で行われます。)事前学習の所要時間は約16時間です。また講師がITプレナーズのオンラインキャンパスを使用して、進捗確認をします。またeメールによる質問も受け付けています。
  • 集合研修:5日間の集合研修が2回(SOA/PPOとRCV/OSA)と、3日間(MALC)の集合研修が1回の計3回が約1ヶ月間隔で行われます。集合研修は、事前学習で身に付けた知識を基に、より実践的な講義や演習に重点を置きます。
  • 事後学習:集合研修後、受講者は、試験対策に重点をおいた試験対策/模擬試験のモジュールを学習します。所要時間は約4時間です。)
  • 認定試験:各集合研修修了後から次回開始前までに、それぞれの認定試験を受験します。また、MALC認定試験のみITILインターミディエイト・ケイパビリティ群の4コースすべての認定試験を合格していないと受験できません(研修自体への参加は可能です)

対象者

本コースは下記に該当する方を対象としています (下記は一例であり、これらに限定するものではありません):   

  • ITIL®ファンデーション認定(バージョン3)、またはITIL®ファンデーションブリッジ認定資格保持者
  • 広範囲におよぶITIL®フレームワークを活用したい、またはITIL®の重要な機能やプロセスについての適切な理解を深めたいと考えているITマネージャやコンサルタントなどのITプロフェッショナルの方
  • ITサービスマネジメントとその改善活動に携わっているITプロフェッショナルの方
  • 次の役職や業務に就いている方: ITプロフェッショナル、IT/ビジネス管理者、IT/ビジネスプロセスオーナなど

学習目標

  • プラクティスとしてのサービスマネジメントの概念を理解する
  • ITIL®のコアであるサービスライフサイクルを理解する
  • ITIL®の一般概念、定義、重要な原則やモデルを理解する
  • サービスマネジメントプロセスがどのようにサービスライフサイクルのプロセスと機能に貢献するかを理解し、目的、適応範囲、概念、活動、重要業績評価指数、役割や全てのITIL®プロセスにとっての課題を説明できる
  • 導入における考慮事項を理解する
  • 各ライフサイクルのプロセスで利用される活動、手法、機能を理解する
  • 優れた運用を達成するためのプロセス、活動、機能のアプリケーションを理解する
  • 成果の測定基準を理解する
  • 求められる技術、導入に必要な要件を理解する
  • サービスライフサイクルの導入や改善における課題、成功要因、リスクを理解する

必須条件

  • ITIL®ファンデーション(バージョン3)、またはITIL®ファンデーションブリッジ認定資格
  • ITIL®インターミディエイト・ケイパビリティ群SOA、PPO、RCV、OSA認定資格(MALC試験前にすべての試験合格が必要)

コース開催手配

  • 定員: 講師1名に対し受講者18名
  • 座席配置: U字型に配置(推奨)
  • 受講環境: ホワイトボード(もしくはフリップチャート)、プロジェクター
  • 受講条件の確認: コース開始前にITIL®ファンデーション、またはファンデーションブリッジの認定証を回収

コース教材

  • iPad
  • 参考資料
  • ワークブック
  • 模擬試験(シナリオ、問題用紙、解答)各2種類
  • ファースト・エイド・キット
  • クイック・リファレンス・カード
  • eラーニング受講用ログインIDおよびパスワード(オリエンテーション時発行。有効期限は1年間)

(ITプレナーズでの準備はございませんが、ITIL®コア書籍を持参し、参考資料としてご利用になることも可能です)

eラーニング動作環境

  • ブラウザ: Internet Explorer 9、Firefox13、Chrome20、Safari5以上
  • CPU: PentiumⅣ以上
  • Cookie: 有効
  • JavaScript: 有効
  • 解像度: 1024×768ピクセル
  • 音声: スピーカーまたはヘッドセット
  • ネットワーク環境: ブロードバンド・インターネット接続
  • ポップアップ: ブロックの解除

試験詳細

必須条件認定教育事業者による、各コースの修了
再試験時の
必須条件
受講修了書など各コースの受講が修了していることを証明できるものの提出
(修了書の発行につきましては、各自認定教育事業者にお問い合わせください)
概要クローズドブック(持ち込み不可)形式でシナリオベースの問題が多肢選択式で8問出題
配点それぞれ5点、3点、1点、0点(不正解)
試験時間90分間
合格ライン40点中28点以上(正答率70%以上)

ITIL® is a registered trade mark of AXELOS Limited, used under permission of AXELOS Limited. All rights reserved. The Swirl logo™ is a trade mark of AXELOS Limited, used under permission of AXELOS Limited. All rights reserved.