クラウド

クラウドエッセンシャルズ

認定資格
CompTIA Cloud Essentials
期間
2日間
学習形態
オンラインLive研修, 集合研修
言語
日本語
PMI® PDUs
14(T:9 L:2 S:3)

本コースは、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)が定義するクラウド・コンピューティングをベースに構築した、ベンダニュートラルな基礎レベルのクラウド研修です。技術的な学習も含まれますが、クラウドをどのようにビジネスとして管理していくかという事業的な観点を中心に学習します。また、クラウドの導入、運用、および管理についても説明します。

また本コースは、受講者が学習した知識や原則を持ち帰り、実践でも活用できるシナリオ中心の設定になっているため、学習効果を高めることのできる重要なアプローチとなっています。例として、このコースに含まれるロールプレイ型のアクティビティは、日常起こりうる状況を利用し、現実の世界で応用できるように設計されています。さらに、ブレインストーム、クイズ、ディスカッションなどを通じて、インタラクティブな学習が可能になっています。

対象者

本コースは下記に該当する方を対象としています (下記は一例であり、これらに限定するものではありません):   

  • ITサポートスタッフ
  • ITコンサルタント
  • ビジネス・プロセス・オーナ
  • IT開発者
  • ビジネス・マネージャ
  • ビジネス・アナリスト
  • サービス・プロバイダ
  • システム・インテグレータ
  • 中小企業の事業主
  • ITマネジメント
  • アーキテクト
  • コンサルタント

学習目標

  • クラウド・コンピューティングの一般的な用語、定義を理解できる
  • クラウド・コンピューティングの事業上の利点および考慮すべき事柄を理解できる
  • クラウド・コンピューティングを技術的な観点から理解でき、さまざまな技法、手段、課題、およびクラウドの種類を認識できる
  • ITサービスマネジメントにおけるクラウド・コンピューティングのインパクトおよび変更を理解できる
  • クラウド・コンピューティングの技術の導入を成功させるための代表的なステップを説明できる。また、その導入が組織に与える影響を理解できる
  • クラウド・コンピューティングにおけるコンプライアンス、リスク、規制などの影響、およびそれらが組織に与える財務上および戦略上のインパクトを認識できる

受講前提要件

  • 特に必須条件はありませんが、IT分野での経験があるとより理解が深まります

コース開催手配

  • 定員: 講師1名に対し受講者16名
  • 座席配置: U字型に配置(推奨)
  • 受講環境: ホワイトボード(もしくはフリップチャート)、プロジェクター

コース教材

  • 参考資料
  • 模擬試験
  • ケーススタディ
  • 課題

試験詳細

必須条件特になし
概要クローズドブック(持ち込み不可)形式で多肢選択式の問題が50問出題
提供方法オンライン
試験時間60分間
試験対策コースに試験準備ガイドが含まれています
合格ライン720スコア以上(100-900のスコア形式)

受講者の声

  • クラウド導入における検討事項を全般的に把握することができた。
  • ベンダーフリーの立場から、クラウドに関する一般的なナレッジを体系的に学べた。
  • 実際の事例などの説明を多く入れており、わかりやすかった。
  • クラウドの提案活動に活かせるポイントが多い。グループワーク関連の例題など実際に利用できそうな事例が含まれておりよかった。