Scrum.org™


Scrum.org™は、スクラム共同開発者であり、スクラムのバイブル的存在「スクラムガイド」の著者であるKen Schwaber氏が2009年に立ち上げた団体です。スクラムマスター向け、プロダクトオーナー向けのコース以外にも、デベロッパー向けなど幅広くトレーニングと資格を提供しています。
ヨーロッパを中心に世界55万人以上の認定資格者がおり、今後日本でも注目が高まることは必至のトレーニングを、ITプレナーズは日本語で提供していきます。

スクラムとは

スクラム(Scrum)とは、世界でもっとも活用されているアジャイルな開発手法です。
複雑で変化の激しい問題に対応するためのフレームワークで、可能な限り価値の高いプロダクトを生産的かつ創造的に届けるためのものです。

  • スクラムは、チーム全員が協力し、インクリメンタルな製品リリースを反復的に行う
  • 開発チームはそれぞれのスプリントの目的を満たすことに対して、自ら方向を定め、自 己裁量権を持つ
  • スクラムチームの活動はスクラムマスターによって支援される
  • プロダクトバックログに基づいてスクラムチームが活動する

Scrum.org™の特長

  • スクラムの原則に忠実
  • コース・コンテンツが全世界で標準化されている
  • 講師認定が厳格(トレーニング、試験、ピアレビュー、インタビュー等)
  • 認定試験の難度が高い(85%以上正解で合格)
  • 認定試験に研修受講は必須ではない
  • 認定資格の更新・維持費が必要ない

ITプレナーズが提供するScrum.org™トレーニング

受講者の声

Professional Scrum Master

  • ワークを通してスプリントのイメージやスクラムマスターのプレッシャーなども体験できるようになっている。
  • オンラインにもかかわらずインタラクティブだった点と、絵を使った説明がとてもわかりやすかったです。
  • 講師のファシリテーション、ワークショップなど参考になりました。特に研修内でフィードバックを受けて、適応していくのは素晴らしいと感じました。

Professional Scrum Master™ II

  • 演習を通して取るべき行動を実感できた。また経験豊富な参加者からのフィードバックが得られた。ワークが多く、参加者の練度も高く、学びは多かった。
  • 講師のビジュアルを活用した講義と、Scrum.orgの方針に則っている強い意志が良かった。

Professional Scrum Product Owner™ I

  • 変化が速く、複雑で不確実性が高い中で、プロダクトの価値を最大化するためには、どのように仲間に働きかけて、物事を進めていくかを学べた。
  • 概念的なところだけでなく、実践的な内容が多く、非常に参考になった。オンラインホワイトボードを使った演習はとても良くできていた。
  • インプットとアウトプットのバランスと、経験豊富な講師による質問への回答が良かった。
  • 現場にそのまま持ち帰れるものばかりだった。

関連コンテンツ