プロセス改善

リーンITファンデーション

認定資格
Lean IT Foundation
期間
2日間
学習形態
集合研修・オンラインLive研修
言語
日本語
PMI® PDUs
14 ( T: 3 L: 3 S: 8)

リーンIT は、IT組織がビジネスに対して継続的に貢献できる、顧客志向型の、効率的で透明性のあるIT組織に変化していくために適用されます。本コースでは、リーンIT 基礎の要素を網羅します。

講義とディスカッションを組み合わせたインタラクティブなアプローチで理解を進めます。講義では、職場で実際に発生しうる具体的な事例を提示しながら説明を行い、積極的な説明や発表の場を設けながら進めます。

また、充実した試験対策も行います。最終日にはリーンITファンデーション試験を受験します。

対象者

本コースは下記に該当する方を対象としています (下記は一例であり、これらに限定するものではありません):   

  • IT 組織メンバーとして、自組織のサービス品質の向上、コスト削減の実現を希望する方

学習目標

  • ITサービスマネジメントの主な原則やコンセプトを理解できる。
  • リーンの概念、およびITにおけるリーンの適用方法を理解できる。
  • 顧客の価値観を分析し、顧客の声をプロセスに置き換えられる。
  • リーンの概念を、顧客の価値、価値の流れ、フロー、プル、完璧さとして理解できる。
  • 価値の流れ図でプロセスを診断し、改善できる。 
  • KAIZENアプローチを用いて問題を解決できる。
  • DMAIC改善サイクルを用いて作業できる。
  • リーン組織ではどのような振る舞いおよび態度が不可欠であるかが理解できる。

必須条件

  • 特になし

コース開催手配

  • 定員: 講師1名に対し受講者25名
  • 座席配置: U字型に配置(推奨)
  • 受講環境: ホワイトボード(もしくはフリップチャート)、プロジェクター

コース教材

  • 参考資料
  • 模擬試験(シナリオ、問題用紙、解答)

コーススケジュール

1日目2日目
1. コースおよびリーン方式の概要5. リーン組織
2. 顧客6. 行動様式/態度
昼休み昼休み
3. プロセス7. カイゼン
4. 成果8. 試験の準備
認定試験
自己学習 (課題・講習内容の復習)

試験詳細

必須条件特になし
再試験時の必須条件特になし
概要クローズドブック(持ち込み不可)形式で、多肢選択式の問題が40問出題
問題数60分間
合格ライン40問中28問以上(正答率65%以上)