アジャイルScrum.org™

Scrum.org™ – Professional Scrum Product Owner™ I (PSPO)

認定資格
Professional Scrum Product Owner™ I
期間
2日間
学習形態
オンラインLive研修
言語
英語(日本語化予定)

プロのプロダクトオーナーは、要件を書いたり、プロダクトバックログを管理したりするだけではありません。プロダクトオーナーは、プロダクトオーナーシップなど、プロダクトから価値を生み出すプロダクトマネジメントのすべての側面を具体的に理解している必要があります。

Professional Scrum Product Owner™ I(PSPO I)は、これらすべての分野に焦点を当て、プロダクトやシステムの価値を最大化する方法を学ぶ2日間のコースです。PSPOは、プロダクトオーナー、アジャイルプロダクトマネージャー、そして市場でのプロダクトの成功に責任を持つすべての人のための最先端のコースです。このコースでは、受講者は講義とグループでの演習を通して、プロダクトオーナーとしての知識を身につけ、定着させていきます。

このコースには、世界中で認められているProfessional Scrum Product Owner™ I認定試験(PSPO I)の受験も含まれています。

このコースから学べること

受講者は、講義とグループでの演習を通して、プロダクトオーナーとしての知識を身につけ、定着させていきます。 成功したプロダクトを提供する上での、役割における責任の大きさは、アジャイルの観点からより明確になります。価値の創造と、プロダクトの市場への納品を測定するためのメトリクスを見極めます。
PSPOコースは、ただの教材と講師のセットではありません。受講者は他の受講者と一緒にチームとして実際のケースに取り組みます。このコースはディスカッションと実践的な演習で構成されています。

対象者

このコースは、スクラムフレームワークに基づいたプロダクト開発に関わるすべての人にとって興味深いコースですが、ビジネスやプロダクト管理の観点からプロダクトに責任を持ち、スクラムプロダクトオーナーという非常に責任のある役割を担う人のために特別に考案されています。

学習目標

  • スクラムの仕組みを明確に理解できる
  • プロダクトオーナーがスクラムにどのように適応するかを理解できる
  • スクラムチームやステークホルダーとの連携を成功できる
  • ビジネスのアジリティを効果的に高められる

コース内容

  • アジャイルプロダクトマネジメント
  • 価値駆動型開発
  • スクラムの原則と経験主義
  • スクラムフレームワーク
  • プロダクトバックログマネジメント
  • リリース管理

試験情報

  • PSPO コースを修了したすべての参加者には、PSPO I認定試験を受けるためのパスワードが発行されます。
  • パスワードを受け取ってから14日以内にPSPO I認定試験を受験し、85%以上の点数を取れなかったPSPOIコースの参加者は、追加料金なしで2回目の受験ができます。

受講者の声

  • 変化が速く、複雑で不確実性が高い中で、プロダクトの価値を最大化するためには、どのように仲間に働きかけて、物事を進めていくかを学べた。
  • 概念的なところだけでなく、実践的な内容が多く、非常に参考になった。オンラインホワイトボードを使った演習はとても良くできていた。
  • インプットとアウトプットのバランスと、経験豊富な講師による質問への回答が良かった。
  • 現場にそのまま持ち帰れるものばかりだった。