データ&ナレッジ

連載記事「SIAM™ はじめの一歩」第1回:身の回りの多くのコトはサービスでできている

2022.5.25

水道・ガス・電気を利用する、喫茶店を利用する、スーパーマーケットで買い物をする、ATMでお金を引き出す、映画館に行く、清掃されたオフィスに出社する、リモートワークでお客様とオンラインミーティングをする、夕飯にピザのデリバリを注文する…。

私達が快適に生活するうえで欠かせないものがサービスです。もしこれらのサービスが使えなくなったり、品質が悪かったりすると、非常に困りますよね。だからこそ、それらのサービスを生業(ビジネス)としているのがサービス業です。価値ある高品質なサービスにこそ、私達は対価を支払いリピートするのです。

これらのサービスは、ひとつのサービスやひとつのサービスプロバイダで完結していることはほぼありません。多くのサービスは、複数のサービスプロバイダによる複数のサービスから構成されています。

言い換えると、多くの企業と人が関わり合いながら、ひとつのサービスとしてお客様に価値をお届けしています。・・・ということは、価値あるサービスを常にお届けするためには、それら全体をうまくコーディネートして管理していかなくてはいけないですよね。

SIAM™(Service Integration and Management)は、そのために生まれた知識体系です。

 


著者紹介

株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
最上 千佳子

システムエンジニアとして提案、設計、構築、運用、教育など幅広く経験。2008年、ITサービスマネジメントの教育とコンサルティングを行うオランダQuint社の日本法人、日本クイント株式会社へ入社。ITIL® 認定講師として多くの受講生を輩出。2012年3月、代表取締役に就任。ITSM、リーン、アジャイル、DevOps等、ITをマネジメントにより強化しビジネスへ貢献するための、人材と組織の強化に従事。2022年4月日本クイント株式会社は、BBTグループの株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックと統合。
著書:「ITIL® はじめの一歩 スッキリわかるITILの基本と業務改善のしくみ(翔泳社)」「ITIL®4の教本 ベストプラクティスで学ぶサービスマネジメントの教科書(翔泳社)」

6月29日(水)開催「SIAM- ServiceNorth Japan 2022」に登壇します

6月29日(水)にオンラインで開催されるイベント「SIAM- ServiceNorth Japan 2022」に、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックのディレクターである最上千佳子が登壇します。「海外事例から見るSIAM™の有用性」をテーマに、イギリスで開催されたServiceNorthにてオランダQuint社のコンサルタントが発表した海外のSIAM™事例をご紹介し、その有用性や日本での活用についてお話しします。

本イベントにご興味のある方は、EXIN社のイベントページよりお申し込みください。

 

「SIAM™ はじめの一歩」記事一覧(全12回予定)

第1回 身の回りの多くのコトはサービスでできている
第2回 複数のサービスからなるサービス?その①
第3回 複数のサービスからなるサービス?その②
第4回 おしぼりは誰が洗ったのか?!(前編)(2022年7月下旬掲載予定)
第5回 おしぼりは誰が洗ったのか?!(後編)(2022年7月下旬掲載予定)